Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ村ランキング参加いたしました。
よかったら応援よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

工事中現場ブログはコチラから↓


お問い合わせ先
フリーダイヤル 0120-505-195
受付/水曜日を除く AM9:00~PM6:00

資料請求はコチラから↓


コムハウスのモデルハウス、見学会の最新情報は
イベント情報ブログにて公開中です!

コムハウスニュース

群馬県前橋市でスウェーデンスタイルの外断熱住宅を作っている工務店です。施工範囲:群馬県全域

木造住宅は外断熱にするべき

住宅の断熱方法の話です。大きく分けると内断熱と外断熱の二種類に分類できると思います。内断熱とは柱と柱の間に断熱材を挿入する工法で、一般的な断熱工法です。外断熱とは柱の外側に断熱材を貼る工法です。それぞれに信者がおり良し悪しは結論が出ないと思います。私は外断熱支持派なにでこちらの視線で書きますことをお許しください。内断熱の欠点から申し上げます。 1柱や梁の構造材が外気温と室内温度の影響を受けます。これにより気象条件しだいで木材内部に結露を生じてしまい、乾燥と湿気を繰り返す木材ストレスが起きます。乾燥した木材を濡らしてまた乾燥させると反りや割れを生ずることはご存知だと思います。乾燥した割り箸を水に濡らしてまた乾燥させると変形してしまう事と同じです。 2断熱材が自重で下がってしまい上部に空間が出来やすい。セルローズなどの重たい断熱材は十分圧力をかけて入れないと断熱欠損が出来てしまいます。しかし壁体内にあまり多く挿入しますと、耐火ボード押して膨らめてしまますので注意が必要です。 3壁体内結露が生じ易い。一般に内断熱の場合は室内側に防湿フィルムを隙間無く張らなくては成らないのですが、これがなかなか上手に出来ません。また工事中に破損する場合もあります。しかしこの処理は冬用の処理方法で夏は逆にする必要があります。 内断熱の欠点ばかりを述べましたが内断熱派の方々には反論が有るのかも知れません。 それでは外断熱の良さは何でしょう。 1柱や梁の構造躯体を断熱材ですっぽり包んでしまいますので木材にストレスが起こりません。従来の木材の強度を維持し続けてくれますから100年持つ住宅が出来ます。 2断熱材が板状ですので形状が変形したりしません。水分を寄せ付け無い素材を使えば断熱性能が低下する心配も有りません。 3断熱材で囲いますので夏でも冬でも壁体内に結露が起きる心配はほとんど無くなりますので湿気を好むシロアリとうの侵入に対しても効果的です。 4外側に気密処理をするので施工がとてもやり易く精度も極めて高く出来ます。 北欧の住宅では外断熱化が進んでいると言われます。 今後日本でもほとんどの住宅が外断熱を採用してゆくことが予想されます。

ブログ村ランキング参加いたしました。
よかったら応援よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
工事中現場ブログはコチラから↓


お問い合わせ先
フリーダイヤル 0120-505-195
受付/水曜日を除く AM9:00~PM6:00

資料請求はコチラから↓


コムハウスのモデルハウス、見学会の最新情報は
イベント情報ブログにて公開中です!

コムハウスニュース

群馬県前橋市でスウェーデンスタイルの外断熱住宅を作っている工務店です。施工範囲:群馬県全域

高崎市剣崎町で埋炭を行ないました。

当社では全ての新築工事で埋炭を行ないます。 埋炭は多くの神社やお寺で新築したりする場合にその土地の地場(磁場)を良くする為に施したと言われています。 又、楢崎先生と言う方が農作物の生育を良くする為に耕作地に埋炭をして改良したと言う事例も有ります。 私共で行なう埋炭は薫炭、籾殻炭、黒炭を水と一緒に混ぜて直径1m厚さ45㎝の円柱を造ります。電池の炭素棒のような物を造ると想像してください。 そしてこの上に50㎝ぐらい同じ3種類の炭を埋めます。表土から50㎝ぐらいの部分は土をかぶせます。 その他に土地の四隅に直径15㎝高さ30㎝の穴を堀、備長炭と籾殻炭を混ぜたものを埋炭します。 埋炭の高価についてはHPで埋炭で検索すると沢山の事例が出てきますのでそちらに譲りたいと思います。 詳しい事はご相談ください。









ブログ村ランキング参加いたしました。
よかったら応援よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

工事中現場ブログはコチラから↓


お問い合わせ先
フリーダイヤル 0120-505-195
受付/水曜日を除く AM9:00~PM6:00

資料請求はコチラから↓


コムハウスのモデルハウス、見学会の最新情報は
イベント情報ブログにて公開中です!

コムハウスニュース

群馬県前橋市でスウェーデンスタイルの外断熱住宅を作っている工務店です。施工範囲:群馬県全域

基礎断熱を便利に使う

床の断熱方法には床下に断熱材を施工する床断熱と基礎のコンクリートを断熱する基礎断熱が有ります。その他にスラブオンと言う床下に砕石等を敷きこんで床下をなくしてしまう方法も有ります。一般的には床断熱が多い様です。床断熱は費用が安く出来るのですが、床からの隙間風が入る事が有ります。又床下の環境しだいでは結露が発生する場合が有ります。 基礎断熱は床下を部屋の一部と考えますので基礎の外周部分を断熱して外気の影響が床下に届かない様にします。地面の温度は井戸水で分かる様に温度変化が少なくいので床下も温度変化が少なくなります。真冬でも基礎の耐圧盤の表面温度は14℃ぐらい有りますので床下内の空気の温度もそれ以下には成りません。ですから床板も14℃以下には成らず室内温度に近づき易くなります。 この基礎断熱と外断熱を組み合わせたのが床下収納付住宅です。 隣接する階の1/2以下でかつ天井高さが1.4m以下で有れば床面積に参入しない規定を利用して床下に収納を作ることが出来るのです。 基礎断熱された床下は隙間風が入らないのでホコリが入りません。室温も14℃から25℃ぐらいで安定しています。この空間を使わないのはもったいないと思いませんか。 階段下の収納の床を抜くだけも収納量は増大します。 詳しくはお問合せください。

ブログ村ランキング参加いたしました。
よかったら応援よろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

工事中現場ブログはコチラから↓


お問い合わせ先
フリーダイヤル 0120-505-195
受付/水曜日を除く AM9:00~PM6:00

資料請求はコチラから↓


コムハウスのモデルハウス、見学会の最新情報は
イベント情報ブログにて公開中です!

コムハウスニュース

群馬県前橋市でスウェーデンスタイルの外断熱住宅を作っている工務店です。施工範囲:群馬県全域

Appendix

お問い合わせ

コムハウス前橋店へのお問い合わせは…
フリーダイヤル 0120-505-195
受付 AM9:00~PM6:00(水曜日を除く)
資料請求はコチラから↓


コムハウスHP







ブログ村ランキング

参加してみました! よかったら 応援お願いいたします。

FC2カウンター

☆2009年1月25日より設置☆

コムハウス携帯サイト

QRコードから
コムハウス携帯サイト
アクセスしよう♪

●見学会情報やイベント情報を
いつでも携帯で確認できる!
●家づくりや生活お役立ち情報を
発信!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。